各教科の特色

国語科

「考える力」、「伝える力」をつけましょう

中学3年間の国語ではまず小グループによる話し合いを通して、自分で考えることや他人の考えを聞くのは楽しいことだという経験を積み重ねると同時に、人に伝わるのはどんな言葉なのかを実感していきます。
百人一首や詩を音読・暗唱し、漢字熟語については小テストを行います。このテストは高校まで継続して実施、高校では評論に切り込む抽象概念を単語テストの形で行います。
また毎年改訂している読書リストを通して幅広い世界への興味を促します。文法の授業は国語から独立して週1時間実施。2年次後半の古典文法へとつなげます。

高校では3年次まで現代文(古典を含む)を必修とし、その上で古典・現代文・小論文を選択できます。他教科で身につけた事も含め、総合的な視野を持つ、謙虚で自信に満ちた思索の力を身につけてほしいと願っています。

社会科

広く世界を知り、自分の生き方を考えましょう

社会科中学1・2年の2年間で、地理と歴史を並行して学習し、地理的・歴史的な思考力や判断力を養います。その基礎学力の上に、中3では公民を学んで現代社会の仕組みを多面的・具体的に理解し、社会の一員としてどの様な問題意識を持って生きていくかを考えます。
授業では資料集・地図帳・年表・新聞記事・視聴覚機器などを活用して、受け身ではない、自分の頭を使って考える学習態度が身についていくことを目指しています。中1の浅間合宿や中3の東北の修学旅行の事前学習にも力を入れています。

高校では地理・倫理・世界史・日本史(選択制)・政治経済を学びます。

6年間の学習を通じて、各自どのような日本の未来像を描くのでしょうか。是非高い志を持ち、その志を実現させる確かな知力と柔軟な精神を育んで欲しいと願っています。

数学科

科学の言語であり、純粋で自由な学問である数学を学んで様々な問題を解決しましょう

中学では代数と幾何に分けて学習します。代数では、数の不思議や神秘さ、文字式の便利さに触れ、幾何ではユークリッド幾何を通して、図形をいろいろな方向からとらえ、論理的な考え方や証明の仕方を徹底的に身につけることができます。
中学で数学の基礎を学び、高校ではそれを発展させていきます。まず教科書をきちんと理解し、こつこつ積み上げる勉強を大切にする習慣を身につけるため、必要に応じて小テストを行います。高2・高3では、進路にあわせた授業、習熟度別授業も行っています。

また、中・高6年間を通して、演習の時間を大切に考え、十分に取っています。演習の時間は、前もって自分で考えて書いた解答をもとに、他の人の考え方に触れる貴重で刺激的な時間となっています。

人類が長年かけて築きあげた文化や遺産である数学、また、何者にも侵されることのない永遠の真理である数学の素晴らしさ、美しさ、面白さを体験し、将来どんな分野に進んでも応用できる力をつけさせたいと考えています。

理科

現代に生きる人間に不可欠な力―科学的思考力と正しい判断力―を身につけましょう

現代は科学技術が進み、便利な物や世界中の情報が身の周りにあふれています。しかし、自分が使っている道具のしくみを知らない人や、間違った情報を信じてしまう人もいます。

この学校の理科を学ぶ目標は、『知的好奇心を持つ。実験や観察を実体験する。正確な知識、科学的思考力、理解力、および、正しい判断力を養う。』ことです。そのために物理室、生物室、化学室を使って実験や観察をし、それをもとにレポートや授業で理解を深め、論理的に考える力や応用力を伸ばしていきます。

中学でも少しずつ高校の内容を取り入れた授業をします。高校Ⅰ年までは化学、物理、生物、地学の内容を全員が必修で学び、高校Ⅱ年からは進路によって科目を選択し、より深く学んでいきます。

音楽科

歌う楽しさ、聴く喜びは誰もが感じられるもの

音楽科色々な音楽を体感しながら、歌を中心に授業を進めています。中1では各の力を確認し楽譜を身近なものとして感じられるよう「コールユーブンゲン」・リコーダーなどを使い繰り返し練習し、秋には合唱・合奏班に分かれて音楽会をします。
中2・中3は理論も学びながら力をつけ、鑑賞では交響曲やオペラを楽しみ、中3の3学期には中学の集大成としての音楽会があり、学年全体でワルツの合唱も練習します。

高校の芸術は選択です。中学で味わった作品を音楽史の中でも捉えられるように毎週鑑賞し、歌曲やオペラ作品に原語でも挑戦します。この頃になると友人の歌を聴くゆとりが生まれ、またハンドベルに触れ、音そのものになる楽しさも経験します。

美術科

感じる心を育みましょう

中学1年

  • 美術科描写の基本:全ての形や空間を幾何形体の構成に置き換えてみよう。
  • 色彩の基本:色の仕組みを知り、様々な配色効果を考えよう。
  • 木彫の基礎:彫刻刀を正しく安全に使って、木彫りで制作してみよう。
  • ステンドグラス:色光の美しさを味わいながら配色計画を立ててみよう。
  • 日本美術史:日本美術の流れを学び、文化に根差した美術の良さを感じよう。
  • 立体造形:粘土の手びねり表現で立体制作の楽しさを感じよう。

中学2年

  • 平面構成:テーマやイメージに合わせた色面構成をデザインしてみよう。
  • 人物写生:人物描写で写生表現の幅を広げよう。
  • 西洋美術史:西洋美術の流れを知り、美術を楽しむ眼と心を育てよう。
  • 彫塑制作:動きの表情やバランス、ボリュームを考えて表現してみよう。
  • ドライポイント:細密描写のイメージをもとに凹版画で表現してみよう。
  • ロゴマーク:視覚的に伝わりやすいデザインを考えよう。
  • 木彫制作:木の性質や彫刻刀の特性を活かしたレリーフ表現を考えよう。

中学3年

  • 孔版(卒業展示) :シルクスクリーン技法による独自の版画表現を考えよう。
  • アクリル工作:容器や小物を制作し、日常生活を豊かにする“用の美”を考えよう。
  • 自画像:外見だけでなく内面をも写し取るつもりで描いてみよう。

体育科

体力の保持増進を含め、基本的な運動技能の習得を目標としています

体育科体育は、球技・ダンス・水泳を中心として基本的な運動技能の習得と、安全に実践することを目標とし、そのまとめとして学年別に大会や発表会を実施しています。
中2では体力作りの一環として、ひばりが丘グラウンドでの2時間続きの授業を年7回程度行い、加えて夏には外部から水泳の先生をお呼びし5日間の集中練習を行っています。中学武道は中3を対象として合気道の基本(体さばき、角落とし、呼吸法等)を行い、まとめとして1時間、専門の先生による特別授業を実施しています。

保健では、授業に生かせる体育理論、環境や健康問題等身近な問題を取り上げています。実技としてすぐに役立つように三角巾法・ダミー人形を使用しての心肺蘇生法、患者搬送法等を実践しています。

家庭科

創意工夫と問題解決を

家庭科中学校では、基本的な生活技術と知識を身に付け、生活面での自立を目標としています。日常の何気ない物事の裏に隠れている科学的根拠や、文化的要素を学ぶことにより、自分の生活を新しい目でとらえ、より発展させる力を養います。実習では「自分でやる」「考えながら作業する」ことを重視して、調理・被服製作・編み物などに取り組みます。3年間の授業・実習を通じ、自分の可能性や新しい興味に気づくとともに、問題解決能力を高めていきます。

高等学校では、中学校の学習をさらに発展させていきます。特に高校2年生では、本校独自のジェンダー教育を行っており、社会人として、生活者としてよりよく生きていくために、現代社会の諸問題と向き合う姿勢を育てています。

英語科

英語の基礎をしっかりと固め、4技能をバランスよく伸ばし、将来に備えます

英語科「読む、聞く、書く、話す」という4技能の基本を大切にし、バランスよく、楽しみながら学習します。中学では検定教科書で基礎固めをしながら副読本を読み、LL教室での活動や多読も行いながら、自然な英語に触れる機会を増やしています。中1・3ではALTの会話授業、中2ではオンライン英会話を行い、NHK「基礎英語」は必須とし、歌、スキット、劇、スピーチなどの発表も多く行っています。

高校は「コミュニケーション英語」では厳選された教材を使って読解力を伸ばし、歌、映像、スピーチなどを通じた言語活動も行います。「英語表現」では、文法力、語彙力を強化し、幅広い表現力を磨きます。オンライン英作文を通じて書く機会を増やしています。

中高通して、単語テストや文法の復習プリントを日常的に行い、既習事項の定着を図ります。英語外部試験であるGTECを中3~高Ⅱで全員受験し、客観的に力の伸びを観てもいます。様々な形で楽しみながらも基礎の大切さを忘れず、世界で活躍する土台となる力の育成に努めています。

情報科

情報を活用する能力を身につけます

情報科情報社会といわれる現代、情報技術の進歩には目覚ましいものがあります。特に最近はAI(人工知能)の発達により世の中が大きく変わりつつあります。生徒たちはこの先、ハイスピードの進歩についていきながら情報を賢く活用していかなければなりません。

高等学校の教科『情報』では、「情報の科学」を選択しています。コンピュータのしくみ、ネットワークのしくみを勉強しながら、それらを活用します。実習は「表計算」や「プログラミング」「シミュレーション」などを中心におこなっています。

また、科学的な理解を深めるだけでなく、情報社会の影の部分を認識しつつ情報モラルについて学習することで、溢れかえる情報に振り回されることなく賢く情報を活用する力を身につけます。

礼法

目に見えない美しい心を美しい動作で表すことをめざして

礼法私たちは、社会において人とのかかわりの中で生きています。その人間関係をきちんと認識して、目に見えない美しい心を美しい動作で表そうとするのが礼法です。

立居振舞について立礼・座礼それぞれの動作を学び、その動作に込められた周りの人や物に対するやさしさ、思いやりの心をしっかりつかむことを目標としています。

初めに、礼について、また、体幹を保つ姿勢、歩き方、座り方、物の持ち方と受け渡しなどの基本を学びます。次に、食事の作法、訪問と来客接待の作法、さらに現代の日常生活では触れる機会が少なくなりましたが、襖の開閉などを通して和室での所作を学びます。実生活で自然にその知識・動作の活用ができるようになるのがねらいです。